佐藤辰哉の音速ビジネスを検証します!すると… - バイナリーオプション 口コミ 掲示板

TAG index バイナリーオプション 口コミ 掲示板

佐藤辰哉の音速ビジネスを検証します!すると…




武井です!



今回
私が紹介するのは

音速ビジネス
http://investments-st.com/sas1tot/web/offster/ofste019635/


201601211341319f7.png


特定商取引法に基づく表示

運営責任者 斎藤祐太郎

所在地 〒583-0852
大阪府羽曳野市古市6-15-7

電話番号 090-6940-6953
※お問い合わせはEメールでお願いいたします。

Eメールアドレス st-response@investments-st.com
※お問い合わせはEメールでお願いいたします。





佐藤辰哉の音速ビジネスを検証!


佐藤辰哉さんの無料オファー、


1日60秒の瞬足作業で月収700万円を稼ぎ出す

謎のクラウチングスタート男が

走って走って走り続けた末に見えた音速の世界

年間8400万円を稼いだ秘密をついに公開!?




謳い文句だけを聞くと

簡単に稼げそうに聞こえますけど、

ビジネスモデルがバイナリーオプションなんですよね。



000あl91




正直、投資系のノウハウ全てに言えることなんですけど、

いくら月収を見せられたところで、

それが直接自分の参考になるかと言われると

そうでもないです。




投資では、いくら投資できるかによって

収入が変わってきます。




100万円を投資して1%の利益が出れば

「月収100万円以上の利益!」と言う事が可能ですし、


1000万円を投資して1%の利益が出れば

「月収1000万円以上の利益!」と言う事が可能になります。



事前に説明をされていれば分かることですが、

そういった説明が省かれていると、


"まるでお金のない状態から

稼ぐことができるように思えてしまいます"



ので投資系のノウハウを読む際は注意が必要です。




まあ、バイナリーオプションもそれと同じで

投資できる金額によって収入が変わってきますので、

そこまで参考にならないというのが

お分かりいただけたかと思います。



バイナリーオプションを簡単に説明しますと、

数分後に円高か円安になるかを2択クイズのようなものです。



ある程度のロジックがあれば稼ぐことは可能ですが、

なかなか安定して稼げるロジックが少ないというのが現状です。




バイナリーオプションを実践する際に

儲かるには勝率60%以上が必要とされます。



今回の音速ビジネスではその勝率が80%とのこと。



20160121134133761.png



今まで色々な情報商材に手を出し、

勝率80%と謳っている商材はありましたが、

どれも勝率80%をキープできた試しがないんですよねw



良くても70%前後で

勝率80%と言うのはあまりにも高すぎる気がします。



「現実性がない」



と言うのが率直な意見ですw




まあ、

バイナリーオプションの場合

勝率は適当にやっても50%ありますので、

結構感覚が麻痺しがちなので、

不思議と負けていることに気付かないという方もおられます。



そうった麻痺状態にならないためにも、

バイナリーオプションでは資金管理が重要になってきます。




ちなにみ

「バイナリーオプションをやってみたい」

と言うのであれば、

こちらの情報商材が数見てきた中でも

優秀な類に入ると思います。



基礎から学びたい方
http://binaryoptionbbs.blog.fc2.com/blog-entry-2.html


ツールを使って実践したい方
※2016年1月31日で販売終了
http://binaryoptionbbs.blog.fc2.com/blog-entry-11.html




個人的にはまずはツールを使って取り組んだほうが

バイナリーオプション初心者の方も安心するかと思います。



ただ、最終的にはツールを使わずに

トレードできるようになって欲しいというのが

私の気持ちですw




どちらにせよ買って間違いない情報商材ですので、

興味があれば覗いてみてくださいね。




佐藤辰哉さんの音速ビジネスについでですが、

最終的には数十万円の高額塾が待っているというのは

見えていることですし、

バイナリーオプションを習うなら

数万円でも十分というのが私の意見です。




高額塾が販売されましたら、

またブログを更新したいと思いますので、

お楽しみに!




以上、武井でした!
関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント